アイマイに繋がる

14/15
419人が本棚に入れています
本棚に追加
/319ページ
    「あたた…、取り合えず明日は痛くて無理だと思うから、明後日辺りにね?」 下腹部を押さえながら、ドアノブの鍵に手を掛ける無邪気な妹―― 「おやすみ、お兄ちゃん」 『ラン、おにいちゃん…』 重なる昔の面影が、切ない程に悲しかった。あの頃の鈴はもう居ないのだろうか? いや、それを言うなら 自分だって同じじゃないか 「――最悪だ」 扉が閉まるのと同時に吐き出された俺の言葉は、か細すぎて消えてしまった気がする。  
/319ページ

最初のコメントを投稿しよう!