今夜も琥珀亭で

北国のバー、琥珀亭。そこに集う人々の日常とちょっとした非日常の物語。

1,097 3,563

2時間31分 (90,025文字)

あらすじ

琥珀亭へようこそ。 ここは琥珀色の時間が流れるバー。 琥珀亭で働くことになった尊。 オーナーである真輝。 常連客のお凛さん。 彼らをはじめとする琥珀亭に集う人々の織りなす日々。 修正版『琥

シリーズタグ

感想・レビュー 14

ほっこりしたくて再読してます。何回読んでもイイ作品ですね。
「今夜も琥珀亭で」完読しました。読後の感動そのままにレビューを書きたくなりました。登場人物達がひとりずつ素敵だなぁと思います。しっとりと吸い寄せられるようにくっついていった二人の距離感も見事な感じがし
初めまして深水さん♪ わざわざの 御礼※ (人∀≦+))「有難う御座いました♪」 とんでも ごじゃりませぬ是非ともピーティーの恋を覗いて見たくて♪ 予想通りイケてました ☆*:.。. o(≧▽≦)o
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

その他情報

公開日 2012/4/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る