この距離が近づくとき

「私たち、友達…だよね?」お互いにそう思っていたはず…だった。

1.6万 4.4万

恋愛 完結 過激表現
5時間59分 (214,966文字)

あらすじ

職場の仲のいい同僚 ただそれだけだと思っていた…。 あの日、あなたのせつなさを受け止めてしまった。 彼女の名前を呟きながら、私の肩に頭を預けた。 私は彼女の身代わり…そう思った。 男として意

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 34

距離感て色々あると思います。 同僚としての友達として恋人としてそして夫婦、家族としての距離感があります。 この物語は友達としての距離からはじまりお互いにかけがえの無い人になるまでを丁寧に描いている作品
こんにちは。 [詰め合わせシリーズ]の加奈子と新田さんの話を読んで、こっちに参りました。 異性と意識していない2人がお互いを意識しだし、かけがえのない存在になって一生を共にするストーリーに 心が暖かく
5件
久々に読み返してみたけど 楽しめました(○´ω`)
5件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る