青龍の受難

22/43
10366人が本棚に入れています
本棚に追加
/601ページ
 ここの人達は話を遮るのが得意らしいです。  ひーひーいって来たのは中年のおじさん。の後ろからまだ若いにーちゃん。  細いなぁ。でかい鞄持ってよたよた走ってきた。鍛えたら? 「薬師さんですか?」 「ん?あんたは?初めて見る顔だが」 「怪我人のレーノスさんに治療をした者です。説明しますので中にはいりましょう?」 「わかった!レーノス見つかったか、よかったなぁ」 「大怪我背負っとるけどな。わしも行くわい。アギルに話を聞かんとな」 「あ、長老さん。アギル君はこれから来る青い龍から水を受け取ってもらわないといけないので、話はその後でもいいですか?」
/601ページ

最初のコメントを投稿しよう!