未来へのカケラ

4/5
229人が本棚に入れています
本棚に追加
/228ページ
そして、過去と同じように銀色は傷付いていく。 そんなのはもう見たくなくて、動かない体にムチ打って銀色を抱えた。 子銀「ッ!先生!?」 松「銀時、あなたといられて幸せでした。……生きてください。それが私の最期の願いです。」 生きていれば、例え今は辛くともあの子供達に出会えるはずだから。 銀時を信じ、家族だと言ってくれる子供達に。 だから、今は。希望を生かす。それだけしか、許されないのだから。 松陽は自分の血に濡れた教本を持たせ、思いっきり投げた。 松「ゴホッ…!」 黒「ガキを逃がすか…。逃がしても俺が殺すぞ?」 松「……貴方が欲しいのは私の命でしょう?あの子には、あの子達には手を出さないでください。」 黒「そんな話、聞くと思うのか?」 松「さあ?でも、貴方は無闇に殺生しそうにありませんから。」 知っている。貴方が銀時達を殺すわけがないと。でも、言うことはできない。 松「ゲホッ!」 とうとう体を支えられず、自分の血の中に倒れ込んだ。 黒「……とどめを刺す必要もないようだな。」 松「その、ようですね…。」 話すのも辛くなっているのに、思わず苦笑した。
/228ページ

最初のコメントを投稿しよう!