†1

15/22
1626人が本棚に入れています
本棚に追加
/124ページ
「で、神崎は何故ここにいる?」 歌奈から神崎へと視線を移し、眉間にシワを寄せながら聞く俺。 すると神崎は、平然としたまま口を開いた。 「何故って……あたしたち、このお店の常連だし。ねぇ、歌奈さん?」 話を振られた歌奈は、「あぁ」と頷く。 「常連?高校生が?」 後ろのほうで聞いていた翡翠が、驚いたように声を上げた。 「はい。オープン当初からの古株ですよぉ~」 覇王の華である立花が、コテッと首を傾けて言った。
/124ページ

最初のコメントを投稿しよう!