パーティー編

6/16
3639人が本棚に入れています
本棚に追加
/273ページ
「怜、体重計用意して」 「了解しました」 「さて、兄さん。量ろっか」 笑顔。それはもう黒かったでしょうとも。 まあ量った結果。 「学校に入る前より五.八キロ減ってるね。四捨五入して六キロ」 『あはっ☆』 「誤魔化されないよ?夏休みは一旦戻って来てね、食育だから」 『みゅー…』 「鳴いたってダメ!」 ただでさい細いのに、これ以上軽くなるとか冗談じゃない。 でも一番は僕と同じ体型でなくなること。それは即ち仕事ができなくなるという事。 それだけはあってはならないこと。仕事こそが兄さんが父さんに生かされている理由なのだから。 「犀都様」 怜の言葉に頷く。 ああ、もうお別れの時間らしい。
/273ページ

最初のコメントを投稿しよう!