#.00 第一部 ‐始《はじまり》の記憶‐

1/2
7593人が本棚に入れています
本棚に追加
/1231ページ

#.00 第一部 ‐始《はじまり》の記憶‐

   ――もう、ずっと昔。  僕らは通じ合えていた。目に映る、触れる全てのものを互いに共有していたんだ。  僕が初めて見たのは、暗がりに揺らめく緑色の仄かな光。そしてその向こうに佇む君だった。  暗闇に幾度となく飛び交う蝶。それは、決して常人には見えない言の葉。  宛てのない言霊が、ひらり、今日もまたひとつ。 〈ねぇ……――〉  
/1231ページ

最初のコメントを投稿しよう!