prologue

1/4
86人が本棚に入れています
本棚に追加
/295ページ

prologue

「やめろーー!!」  叫んだ瞬間、俺の右手に握られた剣が突然光り出した。その光は辺り一面を飲み込む。  そして、耳に聞こえた声。  "我の主であるのなら、名を"
/295ページ

最初のコメントを投稿しよう!