22/24
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ
 料理を並べ、酒を注ぎ、ケーキを切り分け、おつまみを運び、オサベ・ユキオはキッチンからリビングへと往復を繰り返す。  何とか隙を見計らい、自室に行き、エプロンで手の水分をぬぐうと、後ろのポケットから携帯電話を取り出す。  同時に三通のメールを送信。 『突然(逢いたい)なんて、メールしてしまって、ごめんなさい でも、どうしても、最後に貴方に一目でも逢いたかったから・・・ でも、やっぱり、貴方に逢ってしまうと、私の決心が揺らいでしまうから・・・やっぱり、貴方には逢わずに行こうと決めました これから、ニューヨーク行きの最終便で旅立ちます 貴方と過ごした素敵な思い出と、ともに・・・ 最後に、貴方に心よりの愛を込めて   メリー・クリスマス         ユキより  』
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!