1話.ネクラ女

5/23
2046人が本棚に入れています
本棚に追加
/813ページ
「お待たせ恵梨香、遅くなってごめんね」 急いで紺色のブレザーから田舎風ジャージに着替えた私は、外で腕組みしながら壁に寄りかかる友人の元へ駆け出した。 白石 恵梨香。 隣のクラスにいる学校一の美少女だ。 肩までかかった艶やかなサラサラの髪、私よりも一回りは違う小顔に透き通った白いスベスベの肌。 目はビー玉みたいにパッチリ二重で、睫毛はお人形のように長い。 鼻立ちは高く、ぷっくら膨れる下唇がなんとも魅力的だ。 その上細身の体に、モデルみたいにスラッとした長い足。 本当にテレビや雑誌に載っていても可笑しくない超美少女が、何故かクラスの外れものである私と一緒にいる。 それがこの学校一の最大の謎だと騒がれていることは、私の耳にも届いていた。
/813ページ

最初のコメントを投稿しよう!