4

1/3
353人が本棚に入れています
本棚に追加
/28

4

この章と次章は、俺は脇役でしたの『日記』と『エピローグ』の間の話です。俺は脇役でしたや隻腕の最強を読んでいない方はキャラクターがわからないことが予想されるため、読まないことをお勧めします。  短編に関しては作者のノリで作っているため、批判は一切聞きません。それから、矛盾点があっても鼻で嗤って見逃してください。
/28

最初のコメントを投稿しよう!