プロローグ

1/4
2293人が本棚に入れています
本棚に追加
/535ページ

プロローグ

彼と出会い、過ごした日々は、確かに異常なものだった。 引き離された優しい居場所。 放り込まれたおかしな空間。 暴力に湧き嗤う下品な声。 お酒とタバコと女の人の匂い。 そのてっぺんで、朗らかに。 一人悠然と笑う人。 【このひとはきっと、いつまでも、よくわからないままのひと】
/535ページ

最初のコメントを投稿しよう!