過去

14/19
663人が本棚に入れています
本棚に追加
/351ページ
先生は話し終えると 「覚えていませんか?」 と僕に問い掛けた。 「覚えているような…覚えていないような…」 僕の記憶が曖昧でちゃんと覚えてはいなかった。 「…そうですか……。」 先生が悲しそうな顔をした。 「ごめんなさい。」 「謝る必要などないですよ。」 先生は優しく微笑んでくれた。 「でも…これで分かりましたよね。」 「何がですか?」
/351ページ

最初のコメントを投稿しよう!