エピローグ

5/5
2442人が本棚に入れています
本棚に追加
/729ページ
「酷いな、お前等」 人がせっかく素直に礼を言ったのに。気持ち悪って。普通に傷付くな。 「いや、だって、ねぇ?」 「歩が素直に礼を言うなんて、なぁ?」 「……男版のツンデレだな」 それは確かに嫌だな。っていうか、俺はツンデレなのか……!? うわぁ榎本と被ってんじゃん。めっっっちゃ、嫌だな。 「ったく、礼なんていらねぇんだよ」 「そうそう。僕等が勝手にやったことなんだしさ」 「……なんなら掃除を一人でするか?」 「誰がするかバカ」 たまにだけど、俺は良い友達も持ったと思う。 気にするなと言ってくれるが、俺はやはり気にしてしまう。 この恩はいつかきっと返したい。コイツラが困った時、気にするな。と、同じ言葉を返してやりたい。 「あー腹減った。何か食って帰ろうぜ」 「悪いが、俺はこれから奏とデート」 「あ、僕も七海達と約束が……」 「へいへいさっさと行ってこい」 「……俺は小雪と遊ぶ約束が有る」 「何勝ち誇った顔してんだよ。てめぇのは羨ましくないからな」 十歳の頃は何もなかった。失った。 頼りになる友達もいないし、励ましてくれる人もいない。背中を押してくれる親だっていなかった。 でも今は、一緒にバカする友達がいて、支え合える彼女がいて、やる気のない母さんがいる。すっごく、幸せだ。 俺はこれからも大切にしていきたい。 とりあえず、これからデートと言う名の拷問(全額俺負担)に向かおう。
/729ページ

最初のコメントを投稿しよう!