宮清古書堂の、冬の墓参

古書堂にあらわれた女の子。康太は彼女と共に、祖父のお墓参りに行く。

刀母余羅 樺

恋愛 休載中
39分 (23,311文字)

15 9

あらすじ

 “古書”を専門に扱う宮清古書堂。都会の片隅にあるその店の中、2代目店主・宮清康太は、冬の寒さにストーブの前で縮こまっていた。  そこに、ランドセルを背負ったひとりの女の子があらわれる。木枯らし吹く

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品