恋をするということ

26/30
1343人が本棚に入れています
本棚に追加
/193ページ
  「それで、何で小牧抜きで俺に話すんだ?そういう話なら尚更、小牧にするべきだろ」 明音の恋愛相談とあれば、小牧は喜んで力になってくれると思うのだが。 「それは……ね。その男の子が、小牧のことを好きだからだよ」 笑っているのか、真剣なのか、悲しそうな目なのか、どれともつかない複雑な表情で、明音は告げた。 「そりゃあ……まぁ、言いにくいか。つか、小牧の奴やっぱりモテるんだな。それで、俺はその野郎をブン殴ってくればいいのか?」 冗談交じりに言うと、明音は笑った。 「昨日それで謹慎食らったくせに、まだそんなこと言ってんの?」 明音の笑い声が、静かに響いた。 自嘲気味の、悲しげな笑い声が。 「ま、大吉なら殴っても別に謹慎にはならないだろうね」 それは、どういう意味だ? まさか、という予想は浮かんだけれど、それを口に出すほどに自信のあるものではない。 それに、その予想が当たっているとなると、少々厄介な状況になってしまう。 だから、そんな予想は外れて欲しいと心の底から思った。 思ったけれど、こんな時ばかり俺は、ハズレを引かないらしい。 「だって、私の好きな人って、大吉だからさ」 明音の言葉は、俺に眩暈を感じさせるには十分過ぎる破壊力を持っていた。 明音には悪いが、こんなに嬉しくない告白は初めてだ。 告白自体されるのは二度目だが。
/193ページ

最初のコメントを投稿しよう!