12

12/13
1434人が本棚に入れています
本棚に追加
/262ページ
圭の理由は、自分が一文字だから、一文字で読み方は私と同じ三文字。おまけに、苗字が漢字三文字で長いから一文字の方がいいって事らしい。 本当を言えばどちらでもいい。 「うーん…愛?美月?」 「あいちゃんって読まれちゃうしね…。」 それが、ネック。 「うん。じゃあ美月にしようか?」 窓の外を見ながら圭が告げる。 すっかり暗くなった空には綺麗な月が浮かんでいる。 「そうだね…。」 二人で、すやすやと眠る『美月』を見つめる。 愛しい我が子と 愛しい旦那さんが側に居る。 こんな幸せが、いつまでも続けばいいのに。
/262ページ

最初のコメントを投稿しよう!