最愛の彼女

62/66
1851人が本棚に入れています
本棚に追加
/486ページ
言葉を失くすことってあるのだと思った。 なにも言い返せなかった。 心の中が真っ白になるってことあるんだ。 「また、タイミング合わなかった?…やっぱり調子いいよね?」 苦笑いをして、ミアは俯いた。 それから、俺の口からハハって笑いがこぼれた。 「やっぱり、笑っちゃうよね。こんなこと言っても信じられないでしょ?」 「ミア。知らねーだろ?」 「なにを?」 「俺がミアの調子いいところも好きだってこと」 心に彼女が飛び込んだ。 だって、そこにはミアの人型があるんだ。 ピッタリとハマるのだから、もう離さないだろう。 「…知らないよ。そんなこと」 笑いながら、駆け寄ってきたのはミアで。 それを受け止めたのは、俺の腕だった。
/486ページ

最初のコメントを投稿しよう!