目眩

1/20
216人が本棚に入れています
本棚に追加
/213ページ

目眩

†††††††††††  部屋中に鳴り響く――力強く、壁を叩き付ける音。  館中に充満する、むせるような血の匂い。  無数にある部屋の一室に数人の男女が追い詰められた。 「誰かあッ!! ここから出してくれえぇッ!!」  薄暗い部屋。窓はない。光源は壁に取り付けられた蝋燭と手に持つ懐中電灯のみ。  周りを照らせば、アンティークとも言える調度品が不気味に並べられている。  その内の一つ、重いタンスで彼等は扉を塞いでいた。  しかし、彼等は知っている。  その行為自体が全く意味のない事だと。  着実に近付いて来る、ズリズリと床を引きずる金属音。  少しずつ、確実に、扉の前へ……。  気配を感じた彼等は壁を激しく叩き――泣き、叫ぶ。  誰にも聞こえないと理解していた。  それでも迫り来る恐怖を紛らわすように何度も何度も、壁を叩く――。 †††††††††††
/213ページ

最初のコメントを投稿しよう!