ひな祭り

2/4
3945人が本棚に入れています
本棚に追加
/642ページ
下「灯りを付けましょぼんぼりに~♪」 上「ア、ヨイショ」 下「お花をあげましょ桃の花~♪」 上「ア、ソレ」 下「五人囃子の笛太鼓~♪」 上「ア、ドシタ」 下「今日は楽しいひなまつり~♪」 上「ンガッ」 中「うるせぇ」ドゴッ 上「ガッ!?なっ、何をするだァーッ!!」 中「お前の合いの手がうるさいんだよ。しかもよりにもよって吉○三って」 下「そうだよ。私の美声の邪魔をするなんて、上姉ェ如きには許されざる行為だよ」 上「下ちゃんって私の事を見下してるよね!?」 下「それにしても、この雛飾りキレイだね~」 上「話逸らされたチクショウ」 下「見て、あのお内裏様とお雛様。まるで私と中兄ィみたいだね~///」 中「え~、俺はあんな真っ白でのっぺりした顔じゃねぇし」 下「いやそこじゃなくて」 上「フッ、残念だったね下ちゃん」 下「え?」 上「あのお内裏様とお雛様は『中君と下ちゃん』ではなく『中君と私』なんだよ!!」 下「何が言いたいの?」 上「人形の裏側を見てみなさい」 下「……!!まさか!!」バッ 上「フッフッフ。そう、あらかじめ二体の人形の裏に『上』『中君(はぁと)』と名前を書いておいたのさ!!」 中「人形を汚すな!!」 下「……上姉ェ、名前書くの間違ってるよ」 上「ん?」 下「お内裏様に『上』、お雛様に『中君(はぁと)』って書いてあるけど」 上「ウソォ!?」 中「ほほう、なかなか面白い事をするじゃんか」ギリギリ 上「痛い痛い!?面白いなら締め上げなくても良いじゃない!!」 中「いやぁ、俺って面白い事をされるとつい上姉ェの腕をへし折りたくなるんだ」 上「何その超特異体質……(ゴキッ)だぁお!?」 霊「お、これはまあ立派な雛飾りじゃな」 下「すごいでしょ?」 霊「しかしコレ……一般家庭が持つ物にしては立派過ぎないか?まるで大名道具じゃが」 下「うん……私も何でこんなに立派な雛飾りがあるのか分からないんだけどね」 霊「買ったのではないのか?」 下「お母さんがある日突然持って来たんだよね。『それどうしたの』って聞いたら『貰ったの♪』って一言」 霊「雛壇一式をポンと渡す者がいるのか!!貰う方も大変だと思うが!?」
/642ページ

最初のコメントを投稿しよう!