1.朝顔

5/5
205人が本棚に入れています
本棚に追加
/828ページ
随分前だが、おとなしい瑠花のことを心配して親方に意見した事がある。 『あいつは大丈夫だ。 自分の仕事に自信のあるうちは何されてもこたえない。 追い込まれるのは相手だ。』 笑いながら言うのを半信半疑で聞いていたが。 実際、そうなのだ。 半刻ほどの遅れは問題にならない。 誰よりも早く瑠花は織り上げるのだから。先輩の織り子達は、自尊心を傷つけられる。しかも焦って瑠花に意識を向けているから、失敗が多くなる。 淡々と自分の仕事を完璧に成し遂げる。 職人の資質を確かに瑠花は持っていた。 朝顔のように、誰より早く咲くことは明らかだった
/828ページ

最初のコメントを投稿しよう!