悲しきピエロ

4/35
160人が本棚に入れています
本棚に追加
/392ページ
「範囲が広いから、一つずつしらみつぶしに当たるしかないな。手始めに、俺はスポーツセンター、槐と松子は大学を調べるか。梅香はネットを探ってくれ。棕太は発見機みたいなのを作ってくれないか?」 椋が提案する。 「一種の踏み絵だね。わかった。」 棕太の脳が働き始めた。 「松子さんが大学を調べて下さい。私は会社を受け持ちます。」 槐は会社の社長のほとんどを知っている。 「それがいいな。松子、くれぐれもこちらの意図を悟られないように捜査するんだぞ。」 「了解。てか、なんで悟られちゃいけないの?」 松子が首を傾げる。 「探られてるのがわかったら、証拠を隠すだろ、普通。」 椋が人差し指を立てて振った。 「そっか。探るのも頭使わなきゃならないんだね。ますます白髪が増えちゃうよ。」 「それ以上増えません!」 槐と椋と梅香と棕太が同時に言った。
/392ページ

最初のコメントを投稿しよう!