決断の時、文化祭二日目

5/21
1768人が本棚に入れています
本棚に追加
/228ページ
玄「舞落ち着け、な?ほら深呼吸、深呼吸」 パフッ 舞「スーハー、スーハー、スーハー・・・グヘヘ」グリグリ 玄「舞!それ深呼吸違う!そして離れなさい!」グググ 舞は玄の胸に抱き着き深呼吸?をする。だが玄はそれを離そうとするが舞の力は強く剥がれる事はなかった 玄「(ヤバイ!このままじゃあクラスの奴に殺される!?)」バッ 玄は昨日の事を思いだし急いで皆の方を振り返ると 「「「・・・・・・・・・・・・・・」」」スッ 「「「・・・・・・・・・」」」プイッ 玄「(何故男子は合掌をする?!そして女子は目を背けてるし!)」 男子は横一列に並び玄に向かって合掌をし、女子は女子で窓の外を見ていた 柘「・・・・」ポンッ 玄「た、柘・・・」 とここで柘が無言で玄の肩に手を触れ 柘「・・・・・・・幸せにな」 玄「哀れみの眼差しで何を言いやがる!」 舞「ありがとうございます」ニコッ 柘「式には呼べよ」 舞「はい!」 玄「止めろぉぉぉ!頼むから舞、満悦の笑みで返事しないで!」 と玄が柘と舞に叫んでいると ガラッ 鈴「ん?どうしたんだみんな」 鈴が教室に戻ってきた
/228ページ

最初のコメントを投稿しよう!