悲しみの過去

5/5
591人が本棚に入れています
本棚に追加
/243ページ
<さぁ、解放しろ> そしてルシファーは瑠亜の魔力を一気に解放し、時間を動かした 「うわぁぁ!!」 瑠亜は子供としては多い量の魔力を持っていたため自分では制御できなかった 「る、瑠亜!?」 「何だ!?」 瑠亜のいきなりの暴走に父親は驚き、魔族も驚愕した そして二人は瑠亜の身体から溢れだした白と黒の魔力に巻き込まれた 「瑠亜!」 どこかに出掛けていた母親が帰ってきた時に見た景色は、自分の息子の瑠亜が白黒の魔力を放出していたところだった 幸か不幸か、父親が魔力で消し飛ばされた所は目撃しなかった 「お母さん!助けてぇぇ!!」 幼い瑠亜には魔力解放は苦しいのか泣きながら戻ってきた母親に大声で助けを求めた 「大丈夫、すぐに助けるわ」 母親は自分の身体に光属性の魔力を纏い瑠亜を宥めながら近づいた
/243ページ

最初のコメントを投稿しよう!