16/34
334人が本棚に入れています
本棚に追加
/418ページ
車の硝子を振り払い、 血だらけの足を引きずり、詩音に支えられながら、柏木は歩く。 詩音は頭から血を流し、息をはあはあさせながら柏木に言う。 「絶対倒れないでね。 貴方が倒れたら、私は頭を更に怪我することになるから」 柏木は力なく笑う。 「こんな時に冗談はやめろよ。 とにかく今は皆を捜さなきゃいけない。 一番に車を後にしたエルを特に―」 詩音は痛みに顔をしかめながら尋ねる。 「他の皆は大丈夫かしら? カンナと遼河は早々と姿を消したみたいだけど。 良いわよね。 死神は肝心な時に姿をくらませられて。 ・・・生身の人間は辛いわ」 柏木はポケットを何やらごそごそあさり始める。 そして和紙のような紙を出し、詩音に言う。 「こんな時に使えるかは疑問だが、今はこいつにかけるしかないか」 柏木が紙にフッと息を吹きかけると、 紙は巨大な龍に変化した。 龍のたてがみと髭は風もないのに炎のように舞い、 青いうろこはきらきらと輝く。 柏木は詩音を龍の背に乗せると、 自らも龍の背にまたがる。 柏木は龍に足をかける時、痛さで「ウッ」と唸った。 その時、一瞬だけ龍の姿が薄くなり、詩音は血相を変えて柏木を見た。 柏木は切れ長の眼を更に細め、ニッと笑う。 「大丈夫。 エルのいる所を見つけるまで気絶したりはしないから。 さあ、行こうか」 柏木が怪我していない方の足で地面を蹴ると、龍は空に舞い上がった。 龍はそのまますごいスピードで地面に並行した状態で飛ぶ。 道を歩く人もいたが、人々は龍に気づかず、ただの突風だと思い、そのまま通り過ぎていく。 この世に嵐が巻き起ころうとしていることを知ることもなく―
/418ページ

最初のコメントを投稿しよう!