全ての終わり、そして始まり

2/5
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ
鈍くて嫌な音がした 時刻は夕方に差し掛かろうとしているが、コンクリートは日中の陽射しで熱くなっているが、今の僕にはそんなことを気にする余裕もない 空を見つめようとするが、視界はボヤけてあまり良く見えない 身体は硬いコンクリートに打ち付けられ、至る場所から血が溢れ出ているが最早痛みすら感じなかった 「梓希!」 僕の名前を呼ぶ声が聞こえる 良かった。まだ耳は大丈夫な様だ 「どうしよう……そんな、こんなに血が……」 ボヤけて良く見えないが、優の顔は涙でぐしゃぐしゃになっているみたいだ 僕は精一杯の力を振り絞って右手を優の頬に添える 「ごめんね……優……無事で……よかっ……た……」 僕の右手を優が両手で強く握る ピーポー、と遠くで救急車の音が聞こえる どうやら誰かが呼んでくれたようだ でも――― もう身体になにも力が入らない 優の頬に添えていた手もそのまま垂れようとした もう、瞼も開く力すら残っていなかった 「梓希、駄目!もうすぐ助かるからっ!!梓希!!」 ごめんね、優。僕はもう…… でも、これだけは 「優……好……き……」 意識が薄れてきた この瞼も、もう開くことはないだろう 最後に君を守ることが出来て良かった 優。僕を好きでいてくれてありがとう そしてごめんなさい。君を泣かせてしまった もし生まれ変わったら、また……君に…… …………………………………… 「え?梓希……嘘だよね……?そんな…… 嫌ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!