運命の緋い、緋い糸。

「これあげる。」そう言って渡されたのは緋色の髪紐だった。

とうもろこし

歴史・時代 休載中 過激表現
7時間45分 (278,629文字)

1,066 2,146

あらすじ

ーーーーーーーー 更新停滞しすいません。これから頑張ります! ーーーーーーーー 結木 緋真(ユウキヒサナ)、21歳。 神隠しに遭うと突然宣告されたその日から、周り巡るのは運命の歯車。 「

感想・レビュー 16

文章構成や設定がすごく面白くて一気に読んじゃいました! 続きが気になって気になって… 少しずつでも更新して頂けるのを楽しみにお待ちしています(´・ω・)
これの小説一気に読んでしまいました!めちゃくちゃ面白いし、引き込まれる作品だと思います!更新楽しみにしてます!ゆっくりでもいいので頑張ってください!
いっきに読んでしまいました!! 話が読みやすく、今までにない設定だったので、面白いです! 稔麿と緋真が今後どうなっていくのか、すごく楽しみです! 更新を楽しみに待ってます。 忙しいと思いますが、
1件
もっと見る

この作者の作品