因縁の始まり

7/25
1298人が本棚に入れています
本棚に追加
/414ページ
「大丈夫ですか?」 落ちていた牡丹の花を拾い上げると、千道はそれを亮二へと手渡した。 『はい。すみません、助けていただきありがとうございま……』 下げた顔を上げると、自分を見ているその顔に思わず言葉を呑み込んでしまった。 眼鏡をかけているものの、その眼鏡で端正な容貌が損なわれることはなく、自然と引き込まれてしまう。 暗い茶色のスーツを身に付けた千道は、容貌や仕種の細部に至るまで、全てが洗練されて隙がない。 亮二は気づかなかったが、亮二を見る眼光には涼しげな容貌とは異なる、凶暴な影があった。 「礼には及びませんよ。こんなにも美しい人を助けることが出来たのですから」 『あ……』 初対面の男に向かって、美しい? 甘い台詞に混乱しながら、言葉を探す亮二に、千道はにこりと笑った。  
/414ページ

最初のコメントを投稿しよう!