五月雨の頃

6/8
453人が本棚に入れています
本棚に追加
/92ページ
  真夜中の歓楽街を抜けるわけにもいかず、玉虫は遠回りをして三条尻手まで歩くことにした。 超高層のビル群の根元の道を、初秋の風に吹かれながら、架輪に腕をつかまれながら歩いた。 「ナイトナイトの前でタクシーを捕まえて帰れ」 街灯に照らされた架輪の顔は頷き、その手に、すこしだけの力が入った。 〈泣いていた記憶しかない〉 「え?」 架輪はすぐ傍にある玉虫の顔を見上げた。 〈水仙瞳の本の出だしよぅ。自分で書いているのね、言葉から滲みでる感情で解るわ〉 プイと横を向いている玉虫の半月目玉に、待ちわびの式部の唇。 その名の通り、誰かを待ち続けているのであろう妖艶な唇は続けた。 〈泣いていればそのうちに、太い男の腕に抱き上げられたり、白く長い男の指に頭を撫でられたりした〉 「‥‥」 〈そんな男達は皆、決まって、こう言ったわ。 「お父さんと呼んでごらん」 〉 〈寂しい本よ〉  
/92ページ

最初のコメントを投稿しよう!