冬の街角

2/2
219人が本棚に入れています
本棚に追加
/447ページ
「…ねぇ、さっきのは、なんなのよ。」 「何が?」 「なんで、話振られて、マジに、俺には、無理みたいに、言うの…。 酷いよ…。」 「…別に、そんなつもりじゃ。」 「じゃあ、どんなつもりなのよ…。 たとえ、その場限りの嘘だったとしても…、私達の記念日に、結婚してやるって、言って欲しかったよ!」 「あのなぁ!…そんな、軽々しく、言う事じゃないだろう!…結婚だぞ!」 「だって、だって…私は…私は…あの日の、あなたの言葉…信じてるのに…キスの責任は、取ってやるって…あの言葉。 ねぇ…私は、いつまで待てばいいの? ねぇ…いつになったら、私は…。」 私の中の苛立ちを、彼に、ぶつけるのは、間違いだと、わかってる…。 決して、彼が、私を、ないがしろにしている訳でないことも、二人の未来を、考えてない訳じゃないってことも、本当は、知っているの…。 でも…。 今にも、雪が降って来そうな冬の街角で、私は、泣き出してしまった…。
/447ページ

最初のコメントを投稿しよう!