<12>

2/14
366人が本棚に入れています
本棚に追加
/373ページ
翌日。 朝から生憎の雨。 お昼近くになって、ミーを専用のバックに入れ部屋を出た。 商店街に差し掛かると、既に店先にいる男の姿が目に入った。 「…こんにちは。」 「おぅ。来たな。 ここじゃ濡れるから俺の店に行こう。」 返事をする間もなく男はスタスタと前を行く。 まったくこの人は! 相変わらずなんだからっ! 少しカリカリしながら後を追った。 程なくバーに到着。 見慣れた黒い扉を開け閉まらないように押さえてくれている。 「…お邪魔します…。」 「どこでも好きなところに座っててくれ。 コーヒーでいいか?」 「はい。 でもお構いなく。」 「クスッ 固いんだな。他人行儀みたいだぞ。」 「!! 他人ですっ!」 「からかいがいのある奴だな。」 クックッ と笑うあいつ。 カリカリしてたせいか、つい…。
/373ページ

最初のコメントを投稿しよう!