自由の国へ

自由の国に憧れた男の子のお話

秋翼

青春 完結
43分 (25,289文字)

14 21

あらすじ

自由の国に憧れている比々野雄太はある日、自由の国をさまざまな人から否定されてしまう そして自由の国を否定された放課後、同級生の赤司亜子に導かれて神社の近くにある林に連れてこられる。 その林の中を歩

感想・レビュー 5

サークルより参りました。 だいぶ前にサークルのトピックにリンクいただいてました。 ありがとうございます。 文章云々は偉そうに言うほど知識無いので感想だけ申し上げます。 最後まで一気に読みました。
ネタバレあり
1件
サークルより、ご依頼ありがとうございます。全文読ませていただきました。 結末については読者の好みが割れる作品かと。信じるものを否定されたときの心理描写や小屋の中で過ごす夢のような時間の雰囲気は良かった
ネタバレあり
1件6件
自由の国へを拝見させて頂きました。遙か昔に過ぎ去った子供の頃、こっそり作った秘密基地を思い出して懐かしく感じる事ができました。 また話の流れで出てくる自由の国を自作した女の子に対して、淡く幼い恋心が芽
ネタバレあり
1件1件
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品