…1…

5/7
233人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ
「中丸くん…?」 「あぁ…た、ぐち…あの、ごめんな…本当、ごめん…」 しょんぼりしてる中丸くんはらしくなくて、 「付き合う。もう一回、最初からやろう!」 なるべく明るく言った。 「そうそう、出来てるよ…―」 「あ、そこ違う。こう…――」 ひとつ出来れば、ひとつが出来ない。 こっちが良かったら、あっちがダメ。 「あ~…何で出来ないんだろ…ごめんな、田口…もう一回いい?」 「もちろん!」 中丸くんは、必死に覚えようとしていた。 ううん。 本当はもう、全部覚えてたんだ。  
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!