ハロウィンの夜に

5/7
35人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ
「はいカーーーーットぉ!」  監督の声が私の耳に届いた。  私はその身を起こし軽く埃を落とす。 「いやぁ良かったよ! やっぱり流石だね! 君にこの役を頼んで良かったよ」  まん丸な顔に黒く染まったサングラスを掛けた監督が、にこにこと笑顔を浮かべながら言ってきた。 「いやいや。監督の手腕あってこそですよ。私なんてまだまだですから」  そう私は心にも無い事を言って監督を煽てる。  今後の仕事の為に少しでもゴマを剃っておいて損はない。 「いやぁ。嬉しいことを言ってくれるねえ。これは次の仕事もお願いするしかないかなぁ」  単純な監督だ。  さてと仕事も終わったしこのマスクともお別れだな。  そもそもこんなマスクしていたら、私の顔なんて一度も画面に映りやしない。  おまけに蒸れるし全くいまいましいマスクだったぜ。 「お? 取っちゃうのかい? なんか勿体無いねぇ」 「あはは……」  面倒くさいから愛想笑いで返した。全くこっちの気も知らないで呑気なもんだよ監督ってのは。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!