嘲笑う幸運の女神

9/42
6470人が本棚に入れています
本棚に追加
/1835ページ
デリフィスは、建物の陰から飛び出した。 シーパルが続いている。 ステヴェ・クレアを、兵士三人が追い抜く。 ステヴェ・クレアは、兄の魔法の援護を受けやすい距離を保ち移動しているようだ。 イアン・クレアが、デリフィスたちから見て左に回った。 弟との一定の距離は変わらない。 イアン・クレアに引き連れられ移動した兵士たちが、矢を放った。 狙いは、デリフィスの後方にいるシーパルか。 力場を発生させ、軽く防ぐシーパル。 反撃の魔法が、兵士の一人の胸部を貫いた。 イアン・クレアの顔に、微かな驚きの気配が浮かんだ。 陣形からして、弟も兵士も魔法から守るつもりだっただろう。 だが、シーパルにあっさり一人倒されてしまったのである。 さらにシーパルに矢が飛ぶ。 風を起こしシーパルは矢を吹き飛ばしていた。
/1835ページ

最初のコメントを投稿しよう!