第1幕 はじまりのとき

4/15
27人が本棚に入れています
本棚に追加
/100ページ
屋敷の中の一角に静邦の部屋はあった。 静邦の部屋は庭に極めて近いところにある。 そのため、紅色の櫻も静邦の部屋から見える。 それなのにも関わらず、忠治はとても静邦の部屋が遠く感じた。 なのでなのかわからないが、忠治は癇癪を起こしそうになりながら、静邦の部屋に着いた瞬間 「静邦!!やれ、静邦よ 占いの結果はどうなったのじゃ!!」 そう言いながら、部屋の真ん中にある卓にいた静邦の近くまでどたばたしながら、歩いていった。 「二人生きとし、一人離し… そうすれば、殿は幸せになれましょう」 静邦は興奮気味の主を冷めた目で見ながら、呟いた。 二人とも生かして、一人はどこか遠くへと追い出せば、幸せになれる。 そう、乳兄弟に言われた忠治はまた悩みに悩んだ。 一人をどちらにすべきなのか。 そして、どこに捨てればいいのか。 「殿、どこかの別荘に傍らの姫君を住まわせたら、どうでしょうか」 静邦はそういうと忠治に向けていた視線をあの紅い櫻に向けた。 「殿は白河の櫻山に別荘をお持ちでしょう。 そこにあの紅い花弁の櫻と数人の女房などとともに移らせれば、姫君にも幸せは訪れるでしょう」
/100ページ

最初のコメントを投稿しよう!