先ず、あたしは叶わぬ野望を抱く。

3/14
1207人が本棚に入れています
本棚に追加
/492ページ
重く伸し掛かってくる護の体重と温もり。 護は何時からこんな男っぽくなったかなあ、と一瞬思案したが、流は己の貞操の危機であることを思い出して、静かに拳を握った。 「変態撲滅………ほわっちゃーーー!!!!!」 変な奇声を発しながら、流は拳を突き上げた。護のその美しい顔面に。 「ぐへぇ。」 護も負けじと変な悲鳴を上げる。 「おんどりぁーーー!!!!!」 ピンピロピーン♪ 流の攻撃、フォーメーション2!! ナガレはマモリの股間に膝蹴りを入れた。マモリのダメージは16000になった!! 「っ…何しやがる、糞姉貴!!!!!!!!」 「はっはっはっはっはっは、か弱い乙女の純潔を強奪しようとする男なんて死ねば良い!」 股間を押えてのたうちまわる護を見下ろして高笑いする流は、サディスティックとしか形容出来ない。 「死・ん・で★」 そう云うが早いか、流は己の上に、実を失ったバナナの皮よろしく、ぺろんとへばりついている護を蹴飛ばし起き上がった。 「ハン、ざまあ。」 ようく見やがれ。お姉様は強いんだ。つか、その前に『流>護』の不等式が出来上がってるし。
/492ページ

最初のコメントを投稿しよう!