雨の日。

35/38
134人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
「嘘……、嘘よ……」  有り得ない事だと思った。  自分のような年上で、なにも面白みのない女。  知枝は堪え切れず、嗚咽を漏らした。  大学からの紹介で、海外への留学が決まっていたのだそうだ。  そして知枝に、一緒について来てほしいと、言うつもりだったのだと――。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!