クリスマスパニック!

74/112
118人が本棚に入れています
本棚に追加
/753ページ
すると岳君は縁石に乗ったまま月を見上げていた。 そして、黙り込む。 私はそんな岳君を黙って見つめていた。 岳君は月明かりに照らされ、男の人なのに綺麗に見えた。 そっか。そう笑顔で岳君は呟く。 そして、しばらくそのままお互いに黙っていた。 私は帰りたくない。この時間が続いてほしいと思っていたので良かった。 時間は午前4時。車は走っていない。 新聞配達の原付バイクだけがチラチラと走っていた。 しばらくして岳君は私を見る。 そして、こんな驚きの魔法の言葉を言った。 『なら、僕と結婚しようか。』 岳君はそう言った。 私は驚きのあまり黙り込んで目を見開かせる。 ずっとずっと好きだった人に言って欲しかった言葉。 私は小さく頬をつねる。 そして、それが現実だとわかる。 そして、我慢していた涙が頬を伝っていく。 岳君はそんな私を見てワタワタとして心配そうな顔をしていた。 『ごめん。あれ、僕嫌なこと言ったのかな?。』 子犬のようにシュンとした顔でそう呟く岳君。 そんな私は泣き顔ででも我慢できない笑い声が起きた。 しばらくしばらく笑っていた。 変わらない。いつまでも。 この人は。
/753ページ

最初のコメントを投稿しよう!