プロローグ

1/1
4417人が本棚に入れています
本棚に追加
/224ページ

プロローグ

あの日、突然に・・・。 そう、本当に突然に・・・。 私は大切なモノをなくした。 それは、人であったり。物であったり。 心であったり。 時を刻む音が部屋に響き渡るが、私の中の時は止まったまま。 孤独に押しつぶされそうになる。 けれど、あの日、あの時、貴方に出会って全てが変わった。 暖かい手と、声。 その手に触れた時、一瞬にして光が射し込んだ。 人から愛される幸せ。 人を愛する幸せ。 私に教えてくれた。 漆黒な闇を纏うはずの貴方は、とても暖かかった。
/224ページ

最初のコメントを投稿しよう!