ベビー誕生

1/21
76人が本棚に入れています
本棚に追加
/261ページ

ベビー誕生

アカサタ! 1960年11月16日、03時24分、晴天、アメリカ・フィラデルフィア、12階建のペンシルベニア州立アレルヤ病院、キリスト教プロテスタント系。 3階の分娩室でアフリカ系初産婦ハル・シンプソン21歳が、全開の陣痛に耐えている真っ只中、身体から玉のような汗が滴る。 「う~んう~~」 一層大きないきみ声が響き、スッポーン。 「オギャー。」 誕生3時25分、母譲りの褐色の肌で男の子だ。 しかし、ベビーは目が異様に大きく、臍と髪の毛や眉が無く、手足に水掻き、それに後頭部から尻尾のような器官が蠢いており、耳朶は首筋にまで伸びと色々有り、異形なのである。 「ドクターを呼んで!」(英語で喋ってる、以下同様) ナース長メイ・コナーズ43歳に促され、インターンのホッカ・イドー21歳がかっ飛んだ。 異変を察知したハルが、まだ痛みの残る身体を分娩台から起こして様子を見ようとしたら、コナーズに遮られ見えない。 気力を振り絞って台から降り、コナーズを押しのけてベビーを見た。 「オーマイガッ、ノー、マイベビー!」 イドーに呼ばれた日本人ドクター杉山宗太26歳が、その脅威の現場に駆けつけた。
/261ページ

最初のコメントを投稿しよう!