群雄割拠

24/24
1435人が本棚に入れています
本棚に追加
/276ページ
全身を鎧で覆われた部隊は、以前の反董卓連合での戦の際、龍虎の親衛隊が、予想以上の成果を出した為、各軍にこの部隊を編成するよう龍虎が指示を出していた。 しかし、鎧の重さから速さを求める戦には不利な為、今回の戦では後方待機となっていたのだが、 黄祖の予想に反した攻撃により、出番が回ってくる事となったのだ。 黄祖「弓が通用しないだと? 何なんだあの部隊は!」 「黄祖様、このままでは軍の壊滅は間逃れません。 ここは一度退去するのがよろしいかと。」 黄祖「くそ! 一度退いて立て直すしかないか。」 黄祖は、龍虎軍の強さを目の当たりにし退去を決断した。
/276ページ

最初のコメントを投稿しよう!