特集

時代遅れの鯨達

マフィアと極道達の日本裏社会の利権の奪い合い。友情色濃いです。

K・つきひと

5時間40分 (203,473文字)
Vシネマ好きの方に読んでほしいです。

440 1,292

あらすじ

時は2001年、夏も終わりに差し掛かる頃。関東北進会系列・的場組組員・北原修司は、十年間の服役を経て再び極道社会に舞い戻った。しかし修司が目にした現実は、彼が服役中に執行された“暴力団新法”により

感想・レビュー 10

久しぶりに小説を読みました。 自分もヤクザ稼業をし 長く務めていた事もあり 凄く感情移入して読ませていただきました。 これからも良い作品を沢山書いて頂ければ幸いです。
1件
こういったジャンルの小説を読むのは初めてでしたが、極道ファンタジーという言葉はまさしく、この小説を表すのにぴったりなのかもしれない。 硬い言葉に柔らかい言葉を結びつけると揶揄のように感じる方もいるか
ネタバレあり
2件1件
をっほほーい! いやいや体揺さぶりながらニタニタしましたわ。 明美との絡みのシーンですな。 にしても、四千万!指一本二千万……好きに使え…… (すてき!指はあれだけど(笑)) 居酒屋さん開くのかなあ
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る