けじめ

9/9
675人が本棚に入れています
本棚に追加
/307ページ
それだけ言って席を立った。 彼女はまだ何か言いたそうに、私を目で追ってくる。 そんな義理ないんだけど、なんとなく可哀想な気がしてしまった。 だから安心させようと思ったのかもしれない。 「それにね? 私にはもう他に大切な人がいるの だから大地にはほんとに未練ないから お母さんになるんだから、もっとしっかりしなきゃダメだよ? このくらいで動揺してちゃダメ」 彼女の目に涙が溢れた。 そんな彼女を置いたまま、伝票を持って立ち上がる。 後ろで小さくごめんなさいと、か細い声が聞こえた。 きっと後ろめたかったんだろう。 だけどそれでも大地を取られたくなくて必死だったんだと思う。 まったく、ちゃんとしなさいよ、大地。 そんなこと私が言えることじゃないけど、それでも私を捨ててまで一緒になったんだから、二人には幸せになってほしいと思えた。 そう思えたのはきっとさとしのおかげ。 今からでも間に合うだろうか? 無性にさとしに会いたくなって、帰り道を歩きながら電話してみる。 呼び出し音を聞きながら、私の頭はもうさとしのことでいっぱいになっていた。
/307ページ

最初のコメントを投稿しよう!