日常

17/24
207人が本棚に入れています
本棚に追加
/210ページ
高校生の私が出来る事なんて、家事手伝いしかないものね。 でも高校卒業、専門学校卒業して就職してからは、中々その時間がない。 帰ってきたらご飯が並んでいる、こんなの申し訳なさすぎる。 代わりにしてしまっては失礼だけど、毎月のお給料から生活費+αを母に渡している。 母は『それじゃあこの分は優花の結婚支度貯金ね』って言って、本当に使わずに貯めていてくれてるみたいだけど。 でもそれは心配と迷惑と世話をかけまくってしまった私からのお詫び。 お父さんとお母さんのために使ってほしい。
/210ページ

最初のコメントを投稿しよう!