むかし2 緊張

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/6

むかし2 緊張

「ねぇ真理も持ってみなよ」 突然名前を呼ばれ、さらにとんでもない事を言われてしまった。 私は二人に怖いと伝えたが、 「大丈夫だよ~」 と軽く流されてしまった。 そして私の手のひらに、小さな卵が乗せられた。 「ひいいぃぃ」 とか、情けない声を上げてしまった気がする。 あまり怖がるのもこの卵に失礼だと思った私は 、意を決して顔を近づけてみた。 欠けた部分には、少し乾燥した暗いピンクが見えた。 黒に近い部分の方が多かった気がする。 それと、微妙にピクピクと動いていた 自分が緊張していたからだろうが、 手だけがドクンドクンと脈打っているような妙な感覚が、 その卵を持っているあいだじゅう私を支配していた。 少し、あたたかかった覚えがある まだ生きている、まだ大丈夫……まだ… そう思いながら卵をみつめ、それから美歌に渡した。 とても緊張して、フラリとよろけそうだった。
/6

最初のコメントを投稿しよう!