むかし3 恐怖

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/6

むかし3 恐怖

そのすぐ後だった。 まだ殻を出てもいない小さな命が消えてしまったのは 美歌と奈々はすぐに気づき、悲しみそして 「「お墓をつくろう」」 と提案した。切り替えも行動も早い彼女たちは、 早速土を掘るために駆け出した。 もう動かない卵を、よりによって一番怖がっていた私に預けて… 卵がもう生きてはいないのか、正直私には よく分からなかったが、二人を信じることにした。 さっきまで手の上にあった命がもうこの世にない。 その事実が私はとても恐ろしかった。 どんな生き物もいずれは死ぬのだ そう思っても、悲しさと恐怖と…少しの罪悪感が私の中に満ちた。
/6

最初のコメントを投稿しよう!