遠足であり親睦会

13/17
630人が本棚に入れています
本棚に追加
/346ページ
「まあ、どのみち弁当ありがと、サクヤ」 「……ふんっ」 顔を紅くしたままサクヤはそっぽを向いてしまう。まぁいいか。 「いただきまーす」 俺は弁当に備え付けられていた箸を手にとって蓋を開いた。 「わ、うまそ」 と、横から俺の弁当をのぞき込んだ広岡が感嘆の声をあげる。 うん、たしかに。普通にうまそうだな。 まず箸で卵焼きを挟んで口に運んだ。 ……甘過ぎな気もするが、俺は甘党なのでうまい。俺が甘党なのも考慮して作ってるのかも。 「どう、かな?」 と、サクヤが心配そうな顔で俺を見つめる。 「ん、美味しいよ」 「ホントに?よかった……」 「ボクにもちょっと頂戴よ」 え?
/346ページ

最初のコメントを投稿しよう!