プロローグ

1/3
1089人が本棚に入れています
本棚に追加
/500ページ

プロローグ

アストピア歴二百九十八年。 古代文明の遺跡から魔術が誕生…いや、発見される。 魔術を扱うには適性が必要であり、魔を使う力…即ち魔力を計測し、数値で表したものを魔力適性と呼んだ。 適性の問題から魔術を使える人口は限られるとはいえ、これまでの剣や弓や火薬に変わり、魔術が戦場で台頭するのは当然といえた。 その凄まじい力に、人は魅了されていく。 魔術書を巡って戦争さえ起こる程。 魔術とは国の力であり、魔術情報は国の重要機密であり、魔術師は国の兵器となった。 それは、発見から二百年ほどが過ぎた今でも変わらない事である。 image=485350968.jpg
/500ページ

最初のコメントを投稿しよう!